【入籍体験談】結婚して住所や名前が変わったらするべき10の手続き

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪
私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

結婚して住所や名前が変わったらするべき10の手続き

結婚するための手続きは婚姻届を出して終わりではありません。

姓が変わる場合はマイナンバーカードや運転免許証、パスポートなどのもろもろの名義変更が必要になりますし、住所が変わる場合は転出届けや転入届の提出が必要になります。

結婚をするにあたり、こういった手続きを事前に把握しておくことで、申請期限をすぎてから後悔することのないようにしっかりと確認しておきましょう。

この記事では、私が実際に変更したものやタイミングについて詳しく書いていくのでぜひ参考にしてみてください♪

順番何をどこにいつまでに
婚姻届の提出引っ越し先の区役所入籍日当日
転入届の提出引っ越し先の区役所入籍日当日
住民票の写しを取得(最低2枚)引っ越し先の区役所入籍日当日
運転免許証の変更新住所を管轄する警察署入籍日当日
マイナンバーカードの変更引っ越し先の区役所入籍後早めに
銀行口座の変更支店の窓口カードの支払日まで
クレジットカードの変更カードセンターカードの支払日まで
保険関連の変更営業担当者カードの支払日まで
パスポートの変更パスポートセンター海外へ行くまで
10携帯電話の変更ホームページ入籍後早めに

婚姻届の提出

婚姻届は全国の役所で提出することができますが、引越し先の役所に提出することをおすすめします

理由はその後にしなければいけない手続きも一気にやることができるからです。少なくとも上記の表のうち1から5番まではその日のうちに提出や変更手続きを完了させておくとその後が楽になります。

婚姻届を提出するために必要なもの5選はこちらを参考にしてください。

転入届の提出

結婚に伴って引っ越しをする場合は、婚姻届を提出した直後に転入届を役所に提出することをおすすめします

私の場合は、引越しと入籍のタイミングがたまたま一緒になったので、婚姻届を提出した直後に転入届を提出しました。婚姻届と転入届を同時に出すことによって新しい名字で住民票を発行してもらえます。

転入届を提出するには、事前に旧住所の役所に転出届を提出して転出証明書を入手しておく必要があるのでご注意ください。

転入届は引越し日から14日以内に提出しなければいけないため、これも入籍日と同じ日に提出しましょう。

住民票の写しを取得(最低2枚)

婚姻届と転入届を提出したら、続いて住民票を入手します。

このあと警察署へ運転免許証の名義変更手続きへ行くのですが、そこで1枚は必要になりますが残りの1枚は予備として持っておくことをおすすめします。

これも入籍日と同じ日に取得しましょう。

運転免許証の変更

入籍日当日までにやっておくべき手続きはこれが最後です。

最初に運転免許証の名前や住所を変更しておくと、本人確認書類としてさまざまな場面で利用できて便利なので、できれば入籍日当日に済ませてしまいましょう。

運転免許証の名義変更ができる場所は警察署・運転免許更新センター・運転免許試験場の3つで、役所では変更ができませんので当日の時間配分には注意してください。

私たちは警察署で行いましたが、その時は空いていたので20分くらいで手続きが完了しました。

マイナンバーカードの変更

私はマイナンバーカードを持っていなかったので、これを機にカードを発行してもらいました。

すでにマイナンバーカードを持っている場合は変更手続きを実施してください。

マイナンバーカードを発行するには本人確認書類として運転免許証があると便利だった入籍日とは別の日に申請しました。

銀行口座の変更

ここからは入籍日の次の日以降でも問題ありませんが、忘れないためにも早めに手続きを済ませてしまいましょう。

私はこれを機にあまり使っていない講座は解約手続きをしました。よく使ってる口座は名義変更をしに直接窓口へ行きました。

銀行口座を結婚前の旧姓のままにしておくとローンを組むときなどに対応してもらえなかったり、万が一銀行が破綻したときにお金が引き出せなくなることもあるみたいです。

窓口では名義変更するのに30分くらい時間がかかったので、時間には余裕を持って行ってくださいね。

クレジットカードの変更

続いてクレジットカードの変更手続きです。インターネットや電話で名義変更の申請をすると申請書類が届きます。

必要事項を記入し、本人確認書類などの必要書類を添付して返送すると、カード会社の確認後、新しい名義のカードを送ってくれました。

手続きに3週間くらいかかるので注意が必要です

保険関連の変更

保険の営業担当者に連絡を入れ、姓が変わったことを申し出ると各種手続きを進めてくれました。

今までは夫婦それぞれで保険に加入していましたが、結婚を機に2人の入る生命保険を話し合い、掛け捨て保険に入ることにしました。

パスポートの変更

コロナの影響でしばらく海外へ行けそうにないのと、10年パスポートがあと少しで期限切れになりそうだったので、更新しませんでした。

新しく10年パスポート取得するときに作り直す予定です。

携帯電話の変更

夫婦で同じキャリアを契約している場合、家族割をした方がお得なので家族割の手続きをしました。旦那さんと一緒に携帯ショップへ行き、30分くらいで手続きを終えました。

乗り換えで新規契約をするとキャッシュバックがある場合や、割引がつく場合もあるのでこれを機に携帯電話の契約を見直すのもいいですね。

夫婦で相談し、窓口やインターネットから手続きを進めましょう。

まとめ

以上、結婚して住所や名前が変わったらするべき10の手続きでした。

最初に役所でできる変更をし、次に免許証を変更しておけばその後色々回っても名義変更した免許証を提示できるので手間が減ります。

名字が変わる方はいろいろ手続きが大変ですが、一度変更してしまえば終わるのでがんばってくださいね!(それにしてもこの制度、スタンプラリーのようで大変なので早く簡略化できるようになって欲しいですね。)

関連記事

プロポーズ後~入籍日当日までにやったことをまとめています。

プロポーズから結婚式まで、結婚が決まったふたりがやるべきことをまとめています。

この記事をシェアする
目次