【結婚式アイテムのDIY】芝生とお花でナチュラル風イニシャルオブジェの作り方

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪
私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

DIY第1弾 イニシャルオブジェ

この結婚式DIYシリーズは、ウェルカムスペースや披露宴をより華やかにより可愛くしたいという花嫁さんのために書いています。

実際に作った様々な物の作り方を丁寧に説明しているので、ぜひ参考にしてみてください!

今回は初心者の方でも簡単に作れるウェルカムスペースに飾れるイニシャルオブジェを紹介していきます。

こんな方におすすめです。

  • 結婚式の準備でDIYをしたい
  • 1,000円以内で作りたい
  • オリジナルのイニシャルオブジェを作りたい

完成品イメージ

私が作ったイニシャルオブジェはこちらです。

100均に売っているモスを使用したので、同じようにナチュラルな感じで作りたい方のために作り方を紹介していきます。

用意するもの

用意するものはこちら
  • イニシャルオブジェ×3種
  • フェイクモスシート
  • 小さいサイズの造花(お好みで)
  • お花のオブジェ(お好みで)
  • グルーガン
フェイクモスシート

モスは、種類によっては芝がコケみたいにもさもさしているものもあったので、なるべく毛が短めの物を選びました。

金額:770円
所要時間:1時間程度

グルーガン

DIYをしようと思っている花嫁さんは、今後必ずグルーガンが必要になってくるので買っておくと便利です。

作り方

それでは早速作り方をご紹介していきます。

STEP
必要なものを購入する

イニシャルオブジェは100均に売っていて、だいたいは木製のものですがたまに白や黒の色があるので、好きな材質のものを選ぶといいと思います。

STEP
イニシャルの形に合わせてモスをカットする

モスをカットしていきますが、無駄なく使うために英語の一画ずつカットすることをおすすめします。

ちなみに、私たちはモスを1枚しか購入しなかったので結構ギリギリでした。イニシャルによっては2枚必要になる可能性もあるので注意が必要です。

STEP
グルーガンで貼り付ける

グルーガンでカットしたモスをイニシャルオブジェに張り付けていきます。

グルーガンは出してから固まるのが早いので2人で作業した方がスムーズに作れます。

STEP
好みのお花を貼り付ける

モスを貼り終えたら、100均で購入しておいた小さいサイズの造花をグルーガンでくっつけていきます。

私たちは新郎側をブルーっぽく、新婦側をピンクっぽく仕上げ、「&」には白いお花をちょこんと飾りました。

STEP
完成

ブルーとピンクのお花オブジェが可愛かったので購入して横に並べてみました。

横に並べるととっても可愛いです♪

【ポイント】
  • モスからは細かい毛がたくさん散らばるので、下に新聞紙を敷いておくと片付けの手間が減ります。
  • 造花は100均が安いのでおすすめしますが、種類は少なめです。花嫁ロードならイニシャルオブジェや造花の種類がかなり豊富にあるので、可愛さを追求するなら行ってみください。

結婚式当日

結婚式の当日には受付の台に置いてもらいました。

まとめ

以上、手作りイニシャルオブジェの作り方でした。

私たちにとってはこれが初めてのDIYとなり、グルーガンを今まで使ったことがなかったので分からないこともありましたが、使いこなせると楽しくなってきました。

最初はDIYなんて難しそうだな~と思っていましたが、作り始めると意外と簡単で楽しく、自分で作ったものがウェルカムスペースに並ぶと思うとワクワクしながら作っていました。

ぜひ手作りのイニシャルオブジェで素敵な結婚式を演出してください♪

関連記事

結婚式でDIYした手作りアイテム22選をまとめています。

プロポーズから結婚式までに私たちがやったことをイベントごとにまとめています。

この記事をシェアする
目次