【結婚式アイテムのDIY】節約花嫁必見|LINEサインの作り方

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪
私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

DIY第16弾 LINEサイン

結婚式ではゲストがたくさん写真を撮ってくれますよね。

たくさんのデータを何で送って貰うといいのか考えたところ、「LINE」が一番早くて手軽に確認が出来ていいと思いました。

LINEサインを作ろうと思ったきっかけは、これを置くことによって「たくさんの写真や動画を撮って送ってあげよう!」とゲストが思ってくれたらいいなと思ったからです。

LINEならめんどくさくならずに簡単に共有が出来るのが魅力です。式場からのデータは3週間ほどかかるみたいなので、ゲストに送って貰えると一早く振り返ることが出来ます。

完成品

作り方もとても簡単そうなので作ることにしました!

用意するもの

用意するもの
  • 印刷用紙
  • 白いフレーム(A5) 100円

他のウェルカムスペースのグッズが目立たなくならないようにA5サイズを選びました。気持ち小さめのサイズを選ぶことがポイントです。

作り方

STEP
フレーム(A5)を購入

私はA5の白いフレームを100均で購入しました。

STEP
LINEのアイコン画像を探す

「LINE アイコン 画像」で検索すると出てきます。

STEP
Phontoのアプリをインストールする

このアプリで画像を貼ったり、文字を入れたり写真を入れました。私はお気に入りのドレス試着の時の写真も入れました。

STEP
「LINE ID」の貼り付け

自分たちの「LINE ID」をスクショして新郎・新婦で貼り付ける。

出来たものがこちら
STEP
完成

印刷してフレームに入れたら完成です。

文面について

LINEサイン

本日撮られた写真や動画をアルバムやノートに送って共有していただけたら嬉しいです。どんな写真でも構いません!たくさんの写真をお待ちしております♪

内容はこちらを入力しました。

まとめ

スマホで出来るので、とても簡単に仕上がりました。

結婚式後、旦那さんの会社の方が私のLINEを登録してくれたみたいで、写真を送ってもらったりお礼を伝えることが出来て交流が増えたのも良かったです。

ウェルカムスペースのアイテムも増えて華やかになるので、もし時間があれば作って置いておくのもいいかもしれません♪

関連記事

結婚式でDIYした手作りアイテム22選をまとめています。

プロポーズから結婚式までに私たちがやったことをイベントごとにまとめています。

この記事をシェアする
目次