【結婚式当日アイテム】結婚式の両親衣装について衣装選びから手配までを徹底解説

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪
私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

結婚式の両親の衣装

結婚式で両親が着用する衣装はどれくらいの費用がかかるのかどんなものにするべきなのか気になっている方は多いのではないのでしょうか。

この記事では、私たちが実際に利用した両親衣装のレンタル先や費用について紹介していきたいと思います。

両親衣装についてどうすればいいか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

モーニングのレンタル先はネットに決定

まずはモーニングについてです。

アニヴェルセルみなとみらいでは式場が提携しているお店があるのですが、そこでモーニングをレンタルしようとすると15,000円〜30,000円くらいかかるとのことでした。

少し高いなあと感じたので、ネットで色々調べてみるとネットでのレンタル費用の相場は10,000円~20,000円くらいになっているみたいでした。

ネットの方がデザインも豊富にあり値段も安かったので、私たちはネットでレンタルして式場に持ち込むようにしました。

旦那さんの両親は自分たちで用意してくれるみたいだったので、今回は私の両親のレンタル品を書いていきます♪

モーニングのレンタルは夢館に決定

モーニングは夢館というお店のレンタルがかなり安かったので、こちらに決めました。

なんと宅配レンタル4泊5日で、下記の10点セットがついて8,360円でレンタル出来ました!

セット内容

①モーニングコート
②ベスト(黒)
③コールパンツ
④ネクタイ
⑤ポケットチーフ
⑥白手袋
⑦ウィングカラーシャツ
⑧カフス
⑨アームバンド
⑩サスペンダー

上記のセット一式が届いたので式当日に自分で用意したものは靴下と靴のみで済みました。レンタルなら一式揃うし、当日の荷物も軽く済むのでおすすめです♪

また、夢館でレンタルすると送料無料で式場への直送もでき、着払いで式場からそのまま発送することが出来ます。

値段の安さを全く感じさせないくらい、当日はかっこよく着てくれました♪

実際の着用時

ネットレンタルでの注意事項

ネットでレンタルする際に1点注意すべき事項があります。それは試着ができないということです。試着ができないので、発注時にしっかりサイズを確認するようにしてください。

私は発注をする際、父親に身長など聞きながら選びました。ただ、私の両親は遠方で衣装合わせの時間が取れなかったので、どのみち当日のみの着用になりそうでした。

ちなみに、注文したサイズは、私の父は身長低め(165㎝)で細みなので普通体型のA5サイズを選びました。また、シャツのサイズも選べて、ネクタイの柄はストライプを選びました。

発送については結婚式の2日前に式場に届くように指定し、返却は当日式場から発送しました。夢館に届いたら連絡も来ます♪クリーニングも不要で畳んで送るだけなので、手間いらずでした。

留袖のレンタル先

留袖は式場提携先では30,000〜高いもので70,000円ほどかかるのでこちらもネットでレンタルすることにしました。ネットでのレンタル費用は生地によってかなり違ってきますが10,000~60,000円ほどが相場でした。

式場提携先は安いものを選ぼうとすると少しデザインが寂しいものが多かったので、こちらもネットでレンタルを考えました。

ネットでレンタルするならきもの365

母親の衣装はきもの365というサイトに決めました。

このサイトは以前色留袖をレンタルした時に、安いのに生地は薄くなくデザインも綺麗ですごく良かったので、母親にも安心して着てもらえると思いました。

セット内容

帯揚・帯〆・重ね衿・長襦袢(半衿付き)・肌着・裾除け・衿芯・さらし・腰ひも(5本)・伊達〆・マジックベルト・帯板・帯枕・コーリンベルト・足袋・草履・バッグ・三連ひも・扇子・ウエスト補整

きもの365では、なんと上記の全てがついて、往復送料無料で16,280円でレンタルすることが出来ました!

自分で用意するものは中に詰めるタオルのみです!事前に母に伝えていたのでタオルを3.4枚ほど準備してくれていました。式が終わればそのまま式場から着払いで送り返せて、とても便利でした♪

赤やピンクが入っている可愛らしくて華やかなデザインを好んでいたのでこちらにしました。とても似合っていて可愛かったです♪

実際の着用時

モーニングはあまり種類がなかったので迷わなかったのですが、留袖はかなりいろんな柄があるので迷いました!
その分、金額も色々幅がありました。

お母さんも小柄なので、小さめサイズがあるこのショップは魅力的でした!

先ほどモーニングで紹介した夢館でも留袖のレンタルもあり、9,800円~の種類があって、こちらも安くて種類も豊富でした!モーニングと一緒にレンタルしても良さそうです。

衣装の手配はいつする?

私は結婚式の2ヶ月前に予約をしました。

直前で慌てて予約をするとトラブルのもとになるし、気になるデザインの予約もできなくなるので、なるべく早めの手配がおすすめです。

衣装代の負担はどうする?

私はレンタル代、着付け代を新郎新婦が負担しました。事前に両親と話し合って、両親も招待するという考えで支払うことにしました。

親に負担してもらう方もいるみたいなので、しっかり事前打ち合わせが必要そうですね。

まとめ

今回紹介した店舗はデザイン性も優れていて、セット内容も充実しているのでとてもおすすめです♪式場でレンタルをするのがもったいなく感じました。

結婚式にはたくさんのお金が必要なので、少しでも節約しながら準備を進めていけるといいですね。

私たちは節約しながらもこだわった結婚式を行いました。他の記事も参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

関連記事

結婚式で使った当日アイテムをまとめています。

プロポーズから結婚式までに私たちがやったことをイベントごとにまとめています。

この記事をシェアする
目次