【結婚式アイテムのDIY】節約花嫁必見|手作りウエディングツリーの作り方

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪
私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

DIY第10弾 ウエディングツリー

手作りDIYをしているうちにウエディングツリーもしたいなあと思い、作成してみました。

こだわって可愛いものを購入しようと思ったら5,000円~1万円ほどかかってしまいます。

調べてみるといろんな木のデザインがあったのですが、やっぱりディズニーが良かったのでディズニーロゴが入っているこちらにしました!

完成イメージ

用意するもの

用意するもの
  • A4の写真立て    100円
  • ツリーのシール×2  250円

用紙は家にあったものを使用したので、合計600円でお得に出来ました!

マスキンテープ素材の桜のシールがなかなかなくてかなり探して、loftにちょうど良さそうなシールがあったので、私たちはそれで作りました。

旦那さんとはお花見の時期に出会ったので桜の木のウエディングツリーをイメージしていました。

作り方

STEP
ウエディングツリーのフリー素材を選ぶ

好みの「木」と「イラスト」を印刷する。

STEP
シールとペンを用意

シールとペンを会場に用意して、ゲストに記入をお願いします。私は受付の方に書いて貰うよう頼みました。

STEP
完成

桜の花びらにゲストの名前を書いてもらって張り付けてもらえば完成です。

フルネームで書いてる方も多いのでぼかしましたが、桜の木っぽく可愛くできました。

右下には無料請求した招待状のミッキーとミニーを額に直接両面テープで貼り付けて、ウエディング感を出しました。

これで世界で一つだけの結婚証明書が出来上がったら嬉しいです♪

スタンプではなくシールにした理由は、コロナ禍で指スタンプを押すのに抵抗がある人でもシールならいいかもって思ってシールにしてみました!

まとめ

コロナ禍で来れない子にも記念に書いて欲しかったので、招待状には送り返してもらう封筒と一緒にシールも入れました。

返ってきたら事前に自分で貼って受付に置き、当日くるゲストには隙間に貼って貰いました。

ゲストに記入してもらって完成した今では、部屋に飾って結婚式コーナーに置いていて、大切な結婚証明書になりました♪

結婚式当日の様子をレポしているので、ぜひご覧ください。

【結婚式当日レポ5】ウェルカムスペースでのゲストの様子

関連記事

結婚式でDIYした手作りアイテム22選をまとめています。

プロポーズから結婚式までに私たちがやったことをイベントごとにまとめています。

この記事をシェアする
目次