【アニヴェルセルみなとみらいのヴィラスイートが気になっている方必見】ブライダルフェアへ行ったら聞いておくべきこと10選

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪

私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

ブライダルフェアへ行ったら聞いておくべきこと10選

この記事では、私たちがアニヴェルセルみなとみらいの式場見学へ行った時に、実際に質問したことを書いています。

これから式場見学へ行く人はもちろん、すでに式場見学へ行ってしまった人にも役立つ情報を書いてますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪

式場見学がまだの人にはお得な紹介割引もご紹介しています!

式場設備について

まずはチャペルや披露宴会場を含む式場施設についての質問をしました。

Q.ゲストの人数はどれくらいが適切か?

私たちは当初60名ほどのゲストを呼ぼうと考えていました。

アニヴェルセルみなとみらいの披露宴会場は、どの会場を選んでも100人以上が入る広い会場だったので、ゲストの人数的にはちょうど良い感じになりそうでした。(※私たちが選んだヴィラスイートの最大着席数は146名でした。)

ちなみに、私たちは40名での披露宴となりましたが、全く寂しい感じはなく、むしろ会場やテーブルを広々と使えたので、ゲストをそんなに呼ぶつもりがない人も安心してくださいね♪

2.日取りと時間帯

6月と12月の中で空いてる日から選んだ

「絶対にこの日にしたい!」っていうのがなかったので、入籍月の6月とプロポーズ記念日の12月の中から空いている日にちを選んで決めました。

2020年1月に式場見学に行った時に、年内にする方が値段が50万ほど安くなると言っていたので、2020.12で契約しました。時間帯は土曜日の昼の時間帯にして、遠方のゲストが来やすいようにしました。

家柄も仏滅、大安などは気にしないので、そこは気にせず選びました。アニヴェルセルに関しては仏滅だから値段が安くなるということもなかったのですが、式場によっては仏滅に安くなる式場がありました。ちなみに、大安の日は結構人気でした。

アニヴェルセルはすごく人気の式場で、見学には多くのカップルが来ていて、希望の日取りも人気の日(天赦日・一粒万倍日など)は何年か待ちとかもあるみたいです。

(追記)コロナの影響で2度の延期

2020年4月ごろ、コロナの影響で2020年12月の開催が不安になり、2021年の12月に日程を延期しました。この時は先行き不透明で、とにかく式の時期を遅らせようという考えしかありませんでした。

2020年12月ごろ、コロナが少し落ち着いたと思えば再度拡大し、いつになれば落ち着くんだ。。という感じで、年明けには2度目の緊急事態宣言も発令され、2023年くらいにならないと安全に式を開くことは不可能なんじゃないかと思いました。

もし2021年夏にオリンピックを開催したら冬に感染爆発しているかもしれず、また延期することになるかもしれません。そうなったら今後の人生設計にも影響が出てきてしまうので、何としても2021年中には式を挙げたいと考えていました。そこで夫婦で話し合った結果オリンピックが開催される前の2021年6月に式を挙げることを決断しました。

ちなみに6月の土日は人気だったため、日曜日の昼しか取れなかったので土曜日は諦めました。

夫婦で話し合った結果なので、この時期によほどの感染爆発が起きていない限り式を開催しようと思います。
コロナ禍でも来てくれるゲストの方々のためにもプランナーさんと打ち合わせをして、十分な対策を講じたうえで式を開催できるように準備を進めていきたいと思います。

ちなみにアニヴェルセルはコロナ禍における新郎新婦への配慮として最初に契約した日にちの1年以内の延期料を無料にしてくれました。式場経営も苦しい中新郎新婦に寄り添っていただいて感謝です。

コロナ禍でいつの日にちが最善か分からないと思いますが、人気な日にちや時間は埋まっていることも多いので注意が必要です。

結果

延期もしましたが無事に2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を行えました。

コロナも落ち着いていた時期ではあったものの、思っていたよりゲストが来れず残念な気持ちもありますが、2週間切ってのキャンセルはなく、みんなに見守られながら幸せな挙式が行えました。

3. 予算

300万~400万くらい

それより安ければありがたいし、400万以上になれば高いという認識で、見積の確認をしました。

アニヴェルセルはいろいろ割引してくれても300万を切ることがなかったので、正直値段は高いです。これから準備を進めていく中で、プランを上げると金額があがるものもいくつかあります。

アニヴェルセルみなとみらいの費用のことも公開しています。

なので、自分たちで作れるものは作ったり、ネット購入で安くできるものはネット購入で対応したり、節約できる部分はしっかりと節約していくつもりです。

4. 持ち込み料

無料で持ち込める物ものと持込料が発生するものの確認

受付やウェルカムスペースに関しては規定の袋2つに入らなければプラス料金がかかるみたいです。

装花の持ち込みはNGらしく、ペーパーアイテム類や両親贈呈品の持ち込みはお金がかからないみたいです。

5. アクセス

駅から徒歩5分くらい

駅直通とか駅近の方が便利ですが、私たちは元々首都圏で開催する予定だったので、そこまでアクセスを気にしていませんでした。しかしアクセスは悪くなく、地下鉄やJRからも徒歩で行けます。

この記事をシェアする
目次