【結婚式アイテムのDIY】節約花嫁必見|手作り子育て感謝状の作り方

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪
私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

DIY第8弾 子育て感謝状

この結婚式DIYシリーズは、ウェルカムスペースや披露宴をより華やかにより可愛くしたいという花嫁さんのために書いています。

実際に作った様々な物の作り方を丁寧に説明しているので、ぜひ参考にしてみてください!

今回はブーケが可愛い子育て感謝状を紹介していきます。

結婚式当日の思い出を飾って貰いたくて、プリザーブドフラワーの写真立てフレームをプレゼントしようと思いました。お花だけでは寂しかったので、感謝を伝える意味でも写真付き感謝状を作成することに。

都内で手作りができるところを調べていたらいくつか見つかりましたが、1つ当たり15,000円もかかることが分かりました。

内容を見てみると自分たちで安く作れそうと思ったので両親贈呈品は手作りしてみることにしました!

完成品イメージ

私たちが作った子育て感謝状はこちらです。

ブルーとピンクで可愛い感謝状が出来上がりました。

購入したり作ったりと手間はかかりますので、時間がある方におすすめです。

用意するもの

用意するものはこちら
  • フォトフレーム2つ  6000円
  • 4色ローズ      2700円
  • 楽天の小さいお花    2000円
  • 100均で購入した花   600円
  • アグロスティス    560円
  • ジャスミン2つ      380円
  • 写真の印刷代     100円

これは2つ分の値段ですので1つ6,500円で出来ました!かなりの節約になり、かつ可愛い満足のいく子育て感謝状が作れました。

金額:13,000円(2つ分)
所要時間:5時間

グルーガン

DIYをしようと思っている花嫁さんは、今後必ずグルーガンが必要になってくるので買っておくと便利です。

お花の隙間に入れ、立体感を出すために購入しました。

4色選べるので、寒色系と暖色系で2色ずつ選んで購入しました。

小さめのお花が隙間に欲しかったので、購入しました。

作り方

みんなが作っている物やネットで販売している物を参考にして、どんな花束を作るか考えたうえで必要な物を購入しました。

旦那さんはブルー系のお花、私はピンク系のお花で作ります。

STEP
フォトフレームを購入

写真サイズ(L版)ではなく、花束みたいに立体感のあるお花をたくさん入れたかったので、2Lサイズを購入しました。

「アニーズ」というプリザーブドフラワーのネットショップでお花を買おうと思って見ていたら、2Lフレームがあったので、プリザーブドフラワーと一緒に購入しました。

STEP
お花を購入

私たちは「アニーズ」と「楽天」で購入しました。

ローズと小さいお花の間の大きさが欲しかったので、花嫁ロードに行った時に造花を購入しました。

ジャスミンのピンクとブルーです。その他、100均でもあらかじめ使えそうな造花は購入しています。

STEP
フレームにお花を置く

フレームの台を外して、その上にまずはイメージで一つ一つ切ったお花や葉っぱを置いていきます。

はじめから貼り付けてしまうとイメージと違ったら困るので、まずは配置を決めてイメージを沸かせます。

STEP
グルーガンで貼り付ける

イメージが出来たら、下に置く葉っぱからグルーガンで止めていきます。

高さのあるフレームを購入したので、薔薇を立てても余裕で入りました!

STEP
完成

私も旦那さんも想像以上の物ができました!

作り方のコツ
  1. 花束っぽくしたい場合、茎を2.3本まとめてリボンを巻き、1番最初に固定する
  2. 配置が決まったら下にくるものからグルーガンでとめる
  3. 隙間はなるべく埋めてお花をたくさん入れ、華やかに
  4. 寒色系・暖色系で色を統一して、いろんな色をあまり入れすぎないようにする
  5. 小さいお花もあるのでしっかりとグルーガンで落ちないように固定する

それぞれ作成して、2~3時間ほどかかりました。

私の母親がミッキー好きなのでミッキーフェイスっぽいのをお花で表現してみました。

感謝状の作り方

STEP
感謝状の文面

みんなの子育て感謝状を参考にしながら文章を考えました。

上には「Thank you」と「生まれてから結婚式までの日にち」「誕生日」を入れています。

旦那さんの文面

いつも優しく時には厳しく育ててくれて本当にありがとうございました
二人の子どもに生まれたことは誇らしく本当に幸せです
まだまだ迷惑をかけることもあると思いますがこれからも親子としてずっと見守っていてください
夫婦で精いっぱいの恩返しをしていくのでいつまでも元気でいてください

私の文面

たくさんの愛情で今まで大切に育ててくれたことに心から感謝しています
家で過ごした時間は私にとってかけがえのない宝物です
お父さんとお母さんの子どもでわたしは幸せです
30年間ありがとうそしてこれからもよろしくね

文章の下には「結婚式の日付」「名前」を入れました。私は名前も気に入っているので「素敵な名前を付けてくれてありがとう」と最後に入れました。

文章の間には写真がくることを想定して、空白を作っておきます。

STEP
印刷し、写真を貼る

お気に入りの前撮りの写真印刷をして、印刷した感謝状に貼り付けます。

STEP
完成

素敵な子育て感謝状が出来ました。

旦那さんの方が歳下なので生きている日数が1万日いっていないのに対して私は1万日超えてるので、桁が違うのには少し面白かったです(笑)

結婚式当日

両親に渡した後は、ゲストが見れるように飾ってくれていました。

結婚式当日、両親に渡した瞬間の笑顔が忘れられないです。しっかり見てくれて、時間かけて作って良かったと感じました。

まとめ

簡単に出来ると思っていましたが意外と手間はかかりました。

それでも購入するより手作りする方が気持ちもこもるし、お安く出来ると思いました。

かなり集中してそれぞれ意見も出さずに取り掛かっていたので、お互いのをあまり見てなかったのに同じような仕上がりと、旦那さんはあまり器用ではないと思っていたのですが、可愛く作っていてびっくりしました♪

皆さんも結婚式では、手作りで両親に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

両親贈呈品は他にもウエイトドールを贈りました。

また、似たような写真立てをおばあちゃんに手作りでプレゼントしましたが、こちらはブリザーブドフラワー教室に行って作成しました。

両親贈呈品の購入を考えている方はおすすめの商品をまとめたので、こちらもご覧ください。

関連記事

結婚式でDIYした手作りアイテム22選をまとめています。

プロポーズから結婚式までに私たちがやったことをイベントごとにまとめています。

この記事をシェアする
目次