【式場打ち合わせレポ】装花について|アニヴェルセルみなとみらいでの結婚式

はじめまして!けんとあいの結婚日記にお越しくださりありがとうございます。

2021年6月にアニヴェルセルみなとみらいで結婚式を挙げた夫婦です♪
私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

目次

装花の打ち合わせ

この記事では、アニヴェルセルみなとみらいで式を挙げた私たちが実際に体験した装花の打ち合わせレポを書いています。

1回目の打ち合わせについてはこちらから、2回目の打ち合わせこちらから見ることが出来ます。式に向けて準備が順調な方もそうでない方も装花の打ち合わせでどんなことを話し合うか気になっていると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

打ち合わせサロン入口の造花たち

結婚式2ヶ月前に実施

装花の打ち合わせは、2回目の打ち合わせと同じ日に実施しました。

この打ち合わせは、担当プランナーさんではなく、フローリストさんが直接造花を使って説明してくれます。実施日は人によって差があると思いますが、私たちは式の2ヶ月前に実施しました。

実施日:4月17日(結婚式の2ヶ月前)
    13時~17時 2回目の打ち合わせ
    17時~19時 装花の打ち合わせ

打ち合わせ内容

それでは早速打ち合わせ内容を紹介していきます。

打ち合わせ内容は大きく9つありました。契約したプランによっては選べるお花の種類などが変わってくると思いますので私たちとは別のプランの方はあくまで参考までにご覧ください。

ちなみに、私たちが選んだ装花のプランはバトープランです。

ミーティング内容
  1. メインテーブルフラワー
  2. ケーキテーブルフラワー
  3. ゲストテーブルフラワー
  4. ブーケ&ブートニア
  5. セレクションアイテム
  6. 前撮りの時は何を持つか
  7. 当日のヘアセット
  8. お持ち帰りのお花
  9. テーブルコーディネート

メインテーブルフラワー

メインテーブルのお花から決めていきます。

取り入れて欲しい色や式のイメージを伝えると、ウエディングサロンの入口近くにある造花の中からパパっと造花を組み合わせてくれました。

フローリストさんなので手つきも慣れており、センスもかなり良く、イメージがすぐに伝わりました。

決めたこと

色はブルー・イエロー・ホワイトを使っていただくことにし、お花の種類はお任せしたのでどんなお花が飾られるかは当日のお楽しみとなりました。

写真のような雰囲気でお花の組み合わせをしてくれて、イメージに近かったので当日の装花を見るのが楽しみになりました。

*興味のある方はこちらの記事をご確認ください。

ケーキテーブルフラワー

2つ目、ケーキテーブルのお花を決めました。

ケーキテーブルのところにもいろいろ飾り付けができるみたいなので、過去の花嫁さんの装飾の様子を写真で見せてもらい、どんな装飾にするか決めました。リボンや花びらを散らすなどいろんなデコレーションの種類がありました。

決めたこと

私たちはケーキを1段にしたので、ボリュームがあるように見せるためにチュールをひいてもらい、その上に花びらを散らすようにしました。

ゲストテーブルフラワー

3つ目、ゲストテーブルのお花を決めました。

ゲストテーブルのお花は基本的にはメインテーブルフラワーと同じ色になるため、お花を入れる器(入れ物)のみ決めます。

器は、高さの出るものから小ぶりなお花が飾れるものまで色々な種類があり、私たちが選んだ器にはリボンをつけられるみたいだったので、リボンの色も自分たちで選びました。

決めたこと

器の種類は金魚鉢みたいな少し高さのあるクリアな器、リボンの色はターコイズのリボンにしました。

ブーケ&ブートニア

4つ目、ウェディングドレスのブーケとカラードレスのブーケを決めました。

ウェディングドレスのブーケは数種類の決まった形や色の中から選ばせてくれて、カラードレスのブーケはイメージを伝えて実際にブーケを作ってもらいました。

決まったこと

WD用ブーケ:色は白グリーン系で決まっていたので、形を選びました。

形はクラッチにし、リボンの色は白orブルーで選べ、アニヴェルセルのロゴを入れるか入れないかも選べたので、ブルーのリボンにアニヴェルセルのロゴが入ったものにしました。

CD用ブーケ:カラードレス(水色)に合わせて、下の3つのデザインの中から選びました。

1番右のブーケをはじめに作ってもらって、もう少し紫目立たせた方がいいかなあと思い、左を作ってもらいました。旦那さんが黄色系がいいよ!と急に言い始めたので、真ん中のブーケも候補になりました(笑)

かなり迷ったけどテーブルクロスをパープルにしたので、少し紫系、白系も混ぜてもらって可愛い感じの右のラウンドブーケにしました。

当日のブーケはピンク・パープル・ホワイトが入り、可愛い感じになってイメージ通りでとても嬉しかったです。

セレクションアイテム

5つ目、セレクションアイテムを決めました。

セレクションアイテムは下記の1~11個の中から選ぶことが出来ます。

セレクションアイテム

1~4 メインバック装飾
5   ウェルカムツリー
6   メインキャンドル
7~9  入口フラワー
10~11 階段装飾(ヴィラスイート専用)

*ウェディングメモリーでは「トップ>カテゴリー>フラワー>会場フラワー商品一覧>フラワープラン バトー」の添付資料から詳細を見ることが出来ます。

決まったこと

メインテーブルのチュールドレープとBIGイニシャルの2つで悩みましたが、演出台に何もないのは寂しいと思ったので演出台にチュールを敷いてその上にBIGイニシャルと花びらを散らすことにしました。

BIGイニシャルの色が白でその間に赤のハートが入るので、ピンクの花びらでも可愛いと思ったのですが、統一感を出すためにもブルーと黄色にすることにしました。

前撮りの時のブーケについて

6つ目、前撮りの時に造花と生花のどちらを持つかを決めました。

これは、式場前撮りを実施しない人は関係ないと思うので読み飛ばしていただいて構いません。

決まったこと

生花は有料だったので、造花を持つことにしました。造花の色合いは数種類の中から選べたので、黄色にしました。式当日は紫・ピンクのブーケになるので、黄色のブーケを使う場面ができて嬉しかったです。

式場前撮りではほとんどブーケが映っているので、ご覧ください♪

当日のヘアセットについて

7つ目、当日のヘアセットの時に花冠をつけたり、お花を散らして使用するかを聞かれました。

ボンネを購入していたのと追加料金がかかるため頼みませんでした。

お持ち帰りのお花について

8つ目、どのお花を持ち帰るか決めました。

自分たち用とそれぞれ両親への3束のみはプラン内料金で持ち帰れるとのことでしたので高砂の装花をお願いしました。

他に、ゲストの席にあるお花をゲストが持ち帰れるようにするか悩みましたが、プラス料金が発生するのと男性ゲストが多かったので、なしにしました。

テーブルコーディネート

9つ目、テーブルコーディネートをどのカラーにするか決めました。

たくさんのクロスの見本があり、実際に色や素材を見ながら組み合わせを選んでいきました。

ウエディングメモリーのシュミレーションで色々な組み合わせを見ることは出来たのですが、あくまでだいたいのイメージしか分からないので実物を見ることができて良かったです!

シュミレーションのイメージ

決まったこと

・テーブルクロス⇒ベーシックサテンパープル

クロスは元々ネイビーとか深めの色味で考えていましたが、披露宴会場がピンク色なので少し濃すぎて合わず、ラプンツェル感が出たら可愛いなあと思ってパープルにしました。

・ランナーラメジョゼットゴールド

・ショープレートクリアにまわりゴールド

・カトラリーマットゴールド

・ナフキンレモンイエロー、アニマル折り

アニマル折りがミッキーみたいに見えて可愛かったのでそちらにしましたが、ミッキーっぽくっていうオーダーは著作権の問題で出来なかったので、当日うさぎみたいに耳が長くなければいいなあと思ってます(笑)

まとめ

以上、式場打ち合わせ(装花)のレポでした。

今回もかなりボリューム盛りだくさんでしたが、自分たちで結婚式当日の色味を決めていく大切な打ち合わせなので、色々悩みながら決めていくうちにあっという間に時間が過ぎ去っていました。

ちなみに、この日は2回目の打ち合わせもあったのでアニヴェルセルに7時間くらい居ました。打ち合わせをまとめてやるといつも長くなりますが何回も来るよりはいいかと思って1日に詰め込みました(笑)

装花の打ち合わせでは、悩むときりがないので自分たちの直感を信じて「これだ!」という色やアイテムを選択していくことをおすすめします。

次回、3回目の打ち合わせの前には料理やフォト、映像などのアイテムのプランを実際に見て決めるコンサルテーションがあります。打ち合わせに向けてしっかりと準備を進めていきましょう!

関連記事

式場と打ち合わせしたことをまとめています。

プロポーズから結婚式までに私たちがやったことをイベントごとにまとめています。

この記事をシェアする
目次